会社案内

地図

枝広エステートの基本情報をご案内します

福山市で不動産売買、仲介売却、任意売却を手がける「枝広エステート」が、当社の基本情報をご案内するページです。会社概要や事業内容、所在地などに加え、日頃よくお寄せいただくご質問を、その答えもあわせてご紹介しています。なお、当社へのご質問、ご相談につきましては、電話または当サイトの専用フォームからお問い合わせください。なお、不動産無料査定も行っていますので、お気軽にご相談ください。

会社概要

商号 枝広エステート
代表者 枝広 直也
所在地 〒721-0962 広島県福山市東手城町三丁目17-20
TEL/FAX TEL.084-971-9680 FAX.084-971-9681
E-mail estate@edahiro.jp
免許証番号 広島県知事(2)第9727号
加盟 (社)広島県宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会

事業内容のご紹介

賃貸の仲介 一般用 アパート・マンション・一戸建て・駐車場 など
事業用 事務所・店舗・工場・倉庫・貸し地 など
売買の仲介 一般用 宅地・分譲住宅・分譲マンション・各種中古物件 など
投資目的用 収益物件
その他
  • 賃貸住宅の管理 詳しくはこちら
  • 有効活用コンサルタント
  • リフォーム

アクセスマップ

地図

Q&A

不動産売買などに関する皆様のご質問にお答えします。

Q.不動産売却を考えています。はじめにすべきことは?
A.まず、お持ちの不動産を専門業者に査定してもらい、いくらで売れるか(売却予定価格)を知るのが先決です。当社では、ご相談や査定は無料です。お気軽にお問い合わせください。
Q.査定ではどんなことを調べるの?
A.簡易査定と現地査定のふたつがあります。簡易査定とは、現地確認は行わず法規制や地域の市場動向、相場や成約事例を調査して、おおよその査定価格を算定するもの。一方、現地調査では実際にお持ちの家や土地を拝見して、室内の状態やリフォームの要不要を見極めたり、日照や風通し、騒音など周辺環境の調査を行ったりして、より厳密な査定価格を算定します。
Q.一度査定を依頼したら、どんな事情があっても断れませんか?
A.ご安心ください。枝広エステートでは査定のキャンセルにも応じています。
Q.そこに住みながら家を売却できますか?
A.問題ありません。ほとんどの方がそこで暮らしながら売却を進めていらっしゃいます。ただ、購入希望者からお問い合わせがあった場合は、お住まいをご案内させていただくことがありますので、あらかじめご承知おきください。
Q.ご近所に売却を知られませんか?
A.お引っ越しまでということであれば、知られないようにできます。たとえば、ご近隣に配布されるようなチラシを宣伝に使わなければ問題ありません。その場合、当社が条件に合う購入希望者をご紹介するか、インターネットで募集します。インターネットなら、興味のある方だけが見るので、ご近所に知られる心配は少ないでしょう。
Q.査定価格でしか売れませんか?
A.もちろん、査定価格より高い値をつけることも可能です。しかし、査定価格は不動産のプロが自らの経験と知識で見極めたものですので、不動産市場の相場から見ても妥当な線でしょう。これより高い値で売ろうとすると、なかなか買い手がつかなかったり、売却に時間がかかったりといったことになるかもしれません。
Q.少しでも高値で売りたいのですが?
A.どんな商品でも相場というものがありますので、そうした実情とあまりかけ離れた値付けでは売りにくいのも確かです。しかし、不動産売買のプロで豊富な経験を持つ当社では、お客さまの希望に可能な限り沿うように、お手持ちの不動産を売却するサポートを全力で行います。
Q.売却代金はどの時点でもらえますか?
A.例外もありますが、一般にはご契約時と売却時の2段階に分けてお支払いします。具体的には、契約時は手付として5〜10%(売却金額による)をお支払し、売却時にその残りをお支払することになります。
Q.売却のための広告や販売活動とはどのようなものですか?
A.近隣地域への新聞折込やチラシ配布、オープンハウスが基本です。同時に、ネット広告や当社サイトへの物件掲載、住宅関連雑誌などへの掲載を行います。
Q.広告費用は仲介手数料とは別に支払う必要がありますか?
A.基本的には必要ありません。ただし、お客様からのお申し出により、通常とは異なる特別な広告手法を用いるようなケースでは、実費を負担いただくことがあります。ただし、その場合には当社の担当者から、その旨ご説明いたしますのでご安心ください。
Q.築年数が経過していて、家が傷んでいます。リフォームする必要は?
A.もちろんそのままでも売却を進めることはできます。ただ、リフォームして家の印象がよくなれば買い手がつきやすくなり、その分より高値で売ることができます。
Q.家を買い替えたいと思いますが、どんなことに気をつけたらいいですか?
A.住宅購入資金を作ろうと慌てて家を売ってしまうと、今度は、新築物件に入居するまでに仮住まいが必要になり、引越や賃料など余計な出費がかさむので要注意です。しかし、入居直前まで引っ張りすぎても、売却に時間がかかったり、早く売ろうと焦って売却価格を下げたりすることにもなりかねません。当社にご相談いただければ、ベストなタイミングでの買い替えをご提案できます。
Q.転居先がまだ建築中なのに、自宅が先に売れてしまったら?
A.そうなった場合、仮住まいを用意するか、売却先である購入者の方に待っていただくことになります。いずれにしても、当社がお客様にとってベストな選択となるようアドバイスいたしますので、ご安心ください。
Q.売却にかかる費用にはどんなものがありますか?
A.まず売却費用として「仲介手数料」や「抵当権抹消費用」「契約印紙代」などがかかります。また、売却により利益が出ると「譲渡所得税」や「住民税」がかかります。ただし、自治体や条件によっては「特別控除」が受けられることもあります。詳しくは、当社にご相談ください。
Q.媒介契約にはどんなものがありますか?

A.媒介契約には以下の3種類があり、売主はそのいずれかを任意に選ぶことができます。ただし、それぞれの違いを前もってよく理解しておく必要があります。

契約形態 専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
契約業者数 特定の1社のみで他の不動産会社に売却を依頼できない。 特定の1社のみで他の不動産会社に売却を依頼できない。 複数の不動産会社に対し、同時に売買依頼ができる。
制限 売主が自ら見つけた購入希望者と直接売買契約を締結できない。 売主が自ら見つけた購入希望者と直接売買契約を締結できる。 売主が自ら見つけた購入希望者と直接売買契約を締結できる。
業者の義務
  • レインズ※へ5営業日以内に物件登録しなければならない。
  • 週に1回以上、売主に対し業務の進捗を報告する義務がある。
  • レインズへ7営業日以内に物件登録しなければならない。
  • 2週間に1回以上、売主に対し業務の進捗を報告する義務がある。
  • レインズへ物件登録する義務が生じない。
  • 業務の進捗を報告する義務がない。

※レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称です。

当社が選ばれる理由について詳しくはこちら

当社へのお問い合わせ、不動産無料査定のご相談はこちら